年老いた犬と暮らす生活。家族の一人を大事にできるだけ一緒にいましょう。

高齢犬の肥満対策はしっかりと

現代は飽食に時代となり高カロリーの食事が蔓延していて肥満は大きな健康問題となっています。そして、犬の世界でも同様に肥満の問題が発生しています。若い犬であれば運動量も多いので肥満になることはあまりありません。しかし、あまり動かなくなった高齢犬は肥満になりやすいのです。

でも、犬の場合は人間とはことなり体毛で覆われていて肥満かどうかの判定が難しいという面があります。では、飼い主はどのようにして飼い犬が肥満かどうかを判断すればいいのでしょうか。

まず犬の理想的な体型の判断基準ですが、「胴体にくびれがあること」「あばら骨の段々が触って確認できること」です。逆に「胴体が寸胴である」「あばら骨が軽く触っても確認できない」ということでしたら肥満が始まっていると判断できます。

このような判断基準で愛犬が肥満にあてはまる場合には早急に対策をしなくてはいけません。では、高齢犬の場合にはどのような肥満対策をすればいいのでしょうか。

人間でも肥満対策をする場合はまずは食事に気をつけるように高齢犬も食事に気をつけることから始めることになります。一般的な犬用のダイエットフードがありますが、これは老齢犬には適していません。なぜなら、一般的なダイエツトフードは1〜6歳の若い犬用のものだからなのです。

高齢犬の場合には高齢犬向けの低タンパク・低カロリーのドッグフードを購入して与えてやるのが良いでしょう。食べる量を減らすことなく高齢犬のダイエットするには専用のドッグフードがおすすめです。

ただ高齢犬の場合長年食べ慣れたものしか食べない場合もありますので、少しずつ混ぜて与えてやるのがいいでしょう。

人間のように運動不足が原因の場合もあります。

ただこの場合、無理に運動させると良くないこともあります。ストレスです。人と同じですね。無理に運動をしようとするとストレスがかかり、結局続けられません。

人間もただ痩せるためだけなら運動が苦痛です。犬も飼い主に急に連れ回されるとストレスを感じることがあります。犬だから動き回るのが好きだろうと考えるのはちょっと違うのです。

参照:犬のダイエット方法.net

また食事内容も急激に変更しないように、という点が指摘されていますね。

運動も食事も急激な変化はストレスになり、結局それがさらなる肥満を生む…もうほとんど人間のダイエットと一緒に考えておけばいいのではないでしょうか?

高齢犬の夜鳴き対策はこれです

犬は高齢化すると夜鳴きするものです。私も子供の頃犬を飼っていたので、飼い犬が夜になると遠吠えのように鳴くのをよく聞いていました。当時は子供でいあたから何も知識がないので何も感じませんでした。しかも、田舎暮らしでしたので犬の夜鳴きでご近所から苦情が出るようなこともありませんでした。では、犬は高齢になるとなぜ夜鳴きするようになるのでしょうか。

まず、犬は高齢化すると動いている自然と時間が短くなります。このあたりは人間も同じです。どうしても寝ている時間が長くなるのです。昼間の明るい時間でも眠るようになりだんだん睡眠のコントロールができなくなるのです。すると、夜になると騒ぎ出すわけです。飼い主の言うことを聞かずに騒ぎ出したり、遠吠えをしたりするのです。

おそらく体内のリズムが狂ってしまっているのでしょう。また、家の中で飼っている犬であれば飼い主と一緒にいなくて不安になってしまうことが原因として考えられます。高齢の犬であれば夜鳴きすることは特別に珍しいことではありません。

でも、犬の夜鳴きがご近所迷惑となる場合には飼い主としては頭が痛い問題です。そこで、犬の夜鳴き対策としてはどのようなものがあるのか気になる方が多いと思いますのでご紹介します。

家の中で飼っている犬の場合は、夜に暗くなってからも部屋の中をずっと明るくしておいてやるという方法があります。これにより犬は安心するようです。また、犬小屋で飼っている場合は昼間の明るい時に相手をしてあげて起きている時間を長くするという方法もあります。こし、これらの方法でも効果がないようでしたら早期に獣医に診てもらうのがいいでしょう。

高齢犬のトイレの問題は忘れてはいけない

人間は高齢になるとまず足腰が弱ってきます。腰が曲がったり、足腰がふらついてくるものです。そして、最期には動けなくなるのです。これは犬でも同じです。高齢になると若い頃とは違ってよぼよぼになってきますし、散歩にも出たがらなくなります。

トイレに関してもやはり高齢になると衰えてきます。元気な頃は外でトイレをしたがっていたのに、高齢になると室内でしかしたがらないということはよくあるようです。散歩するのがだんだん億劫になるのですからトイレも同じなのでしょう。

私も愛犬のトイレのやり方の変化には昔気になった記憶があります。どうしても足腰が弱ってきますのでフラフラしてしまいうまくできないのです。それでも踏ん張っていると足腰がブルブルと震えてしまうのですから大変です。見ているこちらが辛くなります。

室内で飼っている犬の場合には決められたトイレについて一度考え直す必要があります。元気な頃と同じ場所に固定して考えるのではなく、愛犬がリラックスできる場所から近いところにしてやるのが良いでしょう。これは、加齢のため足腰が弱くなると近い方が楽だからです。いつも場所では間に合わなくて、途中で漏らしてしまう可能性が高くなるのです。

でも、トイレの場所をリラックスできる場所にあまりにも近づけすぎるのもちょっと問題があります。というのは、近すぎるとほとんど歩かなくなるという弊害があるのです。やはり健康のことを考えると歩かせて運動をさせなくてはいけません。
また、どうしてもお漏らしが続くようならオムツを使用するという方法もあります。

高齢犬にとって最適なケア方法とは

人間は高齢になると外見でわかるのですが、犬の場合は外見ではわかりにくいものです。ですが、犬も人間同様に加齢により体力も免疫力も低下してきて体のどこかに異常が出てきます。歯周病を起こして口臭が臭くなったり、皮膚病により体臭がくさくなったりします。また、お漏らしもするようになりアンモニア臭くなってくるのは仕方ないのです。

ですが、臭いがきつくなるとどうしても飼い主や家族は遠ざけてしまう傾向があるのです。いつもとは違うところに寝かせるようになってしまうようです。でも、これは高齢犬のケアという観点からは非常によくないことなのです。病気の時こそ飼い主や家族は自分の近くに置いて様子を見なくてはいけないのです。愛犬の不安を取り除いてあげなくてはいけないし、近くで声をかけてスキンシップをしてあげなくてはいけないのです。

普段はエアコンを使用するので窓を開けないとしても、高齢犬を室内においている場合にはときどき窓を開放して喚起してあげましょう。病気やケガで動けない場合にはいい気分転換にもなるはずです。犬だってストレスはありますので、心のケアもしてあげることが必要です。

愛犬の体臭が室内で気になるようでしたら空気清浄機を使うか、ペット用の消臭剤を使いましょう。また、愛犬の寝床は頻繁に掃除してあげて清潔に保つようにしてあげましょう。抜け毛が落ちていればきれいに掃除して、タオルやマットも汚れたらすぐに洗濯したり干してあげましょう。清潔さと快適さを常に保ってあげることが愛犬のケアです。

高齢のため愛犬が寝たきりになった時の対処法

人間は高齢になり老衰が進むと寝たきりになるのはだれも知っていることですが、犬も同じように寝たきりなります。若い頃は元気でも高齢になると免疫力や体力が低下して寝たきりになるのです。あんなに元気だった愛犬が一日中寝てばっかりという経験は私もあります。

病気や怪我が原因で寝たきりになる高齢犬もいますけど、たいていの場合が老化の現われです。一日中寝ていることもあり「生きているのかな」と心配になることもあります。実際に私も飼い犬のお腹を触って生きているかどうか確認したことが何度かありました。

ただ単に老化で体力が低下しているためずっと横になっているのであれば問題ありません。ですが、ケガや病気で愛犬が楽な体勢を自由にとれないのであれば、考えてあげなくてはいけません。

寝たきり老人の方はずっと同じ姿勢でいると、いわゆる「床ずれ」を起こします。これと同じこと高齢犬でも起こるわけです。体が動かなくなると寝返りも打たずにずっと同じ姿勢で寝ていますから、床や地面と接触している部分の血行がわるくなります。血行が悪くなるだけならいいのですが、壊死が始まる場合もあるのです。

そうなる前に飼い主がしっかりと対策をしてあげなくてはなりません。飼い主や家族が犬の体の向きを変えるために抱き上げてやらなくてはなりません。また、硬い床に直接からだを接するのを防ぐために柔らかいマットやプチプチのエアーマットを敷いてあげましょう。これらのことで愛犬の体を守ってあげることができます。

高齢犬の様子は普段からしっかり見て病気対策

当たり前のことですが、犬は人間とは言葉での会話ができません。犬は自分が病気にかかっtからといって飼い主に教えては切れません。でも、高齢の犬は年とともに免疫力が下がり病気にかかりやすくなります。では、飼い主としてはどのように対処したらいいのでしょうか。

犬から「ここが痛い」とか「ここがおかしいんだ」と言ってくれれば問題ないのですが現実にはそうはいきません。人間の赤ちゃんと同じように接してやるのが一番です。愛犬のことは普段から接している飼い主や家族が一番よくわかっているのですから察知してやらなければなりません。

わずかな変化でも察知できなければ病気は発見できないのです。まずは、食事に気をつけてみるのがいいでしょう。いつもとおなじくらいの量を食べているか、食べ残しがないか、どんな食べ方をしているか、食べた後で吐いていないかなどに注意して観察するのです。

散歩の様子も観察すべきところです。散歩の時の歩き方がちょっとおかしいとか、おしっこの仕方や出方がおかしいとか、いつも散歩の時には行くところにいかないなど些細ななことに注意しましょう。散歩は飼い主や家族がいつもするでしょうから異常があれば何らかのサインに気づくはずです。

家にいる時の様子も重要です。小屋の中にいる時間が長かったり、人が来ても吠えなかったり、水の飲み方がおかしいなど異変に気づいてやるのは飼い主の役目です。

口臭は人間と同じように病気のサインになります。いつもと違う、何か嫌な口臭がする場合は食事面に問題があり、胃腸が弱っているかもしれません。その弱りはいずれガンなど重い病気につながることもあります。

口臭については以下参照

http://犬の口臭対策.net/

動物は人間以上に痛みに強い生き物です。早期に病気を発見して対処してやらないと命を落としてしまう可能性が非常に高いのです。後悔のないようにしっかりと愛犬を観察してあげましょう。

現代では高齢犬の病気も変化しているのをご存知ですか?

日本は大きく経済成長して国がどんどん豊かになり食べ物は何でも揃うようになりました。それこそ世界中のグルムが日本では楽しめるようになりました。しかし、その一方で食生活が欧米化したことによる弊害もたくさん出てきました。高たんぱくで高脂質の食事が増えた結果、成人病やガンを発症する人が爆発的に増加したのです。

これと同じような現象が犬の世界でも起きているのです。犬の食事も欧米化しているのです。欧米から入ってきた「ドッグフード」を犬が食べるようになったのです。現代ではほとんどの飼い犬は「ドッグフード」を食べています。そして、高齢犬は人間と同じような病気になってきているというデータもあります。

とこで、この「ドッグフード」については気をつけなければいけないことがあるのをご存知でしょうか。「ドッグフード」の袋の裏に表示があるのですが、「総合栄養食」とあるものは安心です。もし、この表示がなければ注意した方がいいのです。
この表示はペットフード公正取引協議会の基準に合格したとう証なのです。この基準は、「ドッグフード」と水だけを摂取するだけで十分に栄養バランスがとれているというものなのです。ところが、この表示がなければ栄養バランスがとれていないということになります。

当然のことですが高齢の犬は自分で食事を選ぶことはできません。飼い主が食事の栄養バランスのことも考えてあげないと健康を維持できませんし長生きもできないのです。

犬は何歳から老人なのでしょうか

犬も長く飼っているとだんだん年をとってくるものです。子供の頃私も何度か犬を飼った経験がありますが、犬はいったい何歳まで生きるのだろうと疑問に思っていました。生まれたばかりの子犬のころからずっと飼っている成長の過程がよくわかります。そして、いつかは年老いていくのですが、犬は何歳くらいから老人になるのでしょうか。

どうも犬の場合は7歳くらいから老化が始まるようです。人間の年齢なら40歳〜50歳くらいの年齢に相当するようです。ただ犬の場合には見た目にはそれほど変化がありませんし元気そうに見えます。しかし、7歳から年を重ねるごとに免疫力が低下して病気にかかりやすくなります。

また、食欲もなくなり体力も低下してきてあまり走れなくなります。人間とは違ってものすごいスピードで老化が進んでいきます。子供の頃、よく犬の散歩をしていましたが、犬が高齢化してからはゼエーゼエーと息を切らしながら走っていた記憶があります。子犬の頃から飼っていた私はなんだか寂しい思いをした記憶があります。子供だったので何も知らなかったのですが、もう少しいたわってあげればよかったなあという後悔の気持ちがあります。

愛犬が7歳を過ぎたら「もう老人なんだ」という認識を持つことが大切です。まず飼い主が意識を変えなくてはどうしようもありません。犬は人間の言葉を話すことができないのですから、こちらがいろいろと察してあげないといけない場面がたくさん出てきます。

犬にも介護は必要なんです

人類が誕生してから何千年もの月日が経過しました。太古において人間はわずかな年月しか生きながらえることができませんでした。しかし、文明の進化により人間の寿命は長くなっていきました。そして、現代では人間は介護が必要なほど長寿になりました。現代の日本では高齢化により老人介護が大きな社会問題となっていますが、実は高齢犬にも介護は必要なのをご存知でしょうか。

人間と違って犬は非常に我慢強いいので、体の痛みや不具合にも耐えて何とか順応しようとします。つまり、体の痛みや不具合に自然と慣れてそれなりに暮らすということができるのです。でも、長年連れ添ってきた飼い主や家族には愛犬の高齢化による異変にはぜひとも気づいてほしいものです。

犬の介護というのは人間の介護とはちょっと違うのです。愛犬が高齢化して以前と様子が変わったことに気づいてあげて、今後飼い主や家族がどのように接していくのかについて考え始めるところから始めるのです。

高齢犬は見た目ではわかりにくいのですが、明らかに様子が変わります。オシッコを決められた場所でしなくなるとか、皮膚炎を起こして体臭が臭くなるなどしてきますので、家族が遠ざけるようになります。でも、このようなことは人間の介護でもやってはいけないことでうから高齢犬も同様です。

むしろ飼い主や家族の近くにおいて様子を見てやらなくてはなりません。手で触ってあげられるように手の届くところにおいてあげましょう。そうすれば病気も早期に発見できます。

悲しい別れ〜愛犬の最期を看取る

この世に生を受けたものはやがて必ず死を迎えます。これは人間であろうと犬であろうと同じです。ただ人間よりも犬の方が寿命が短いので、愛犬との悲しい別れにいは遭遇する可能性は高いのです。

犬の7歳は人間の40〜50歳であると言われていて、老化がこの時期から始まります。やはり愛犬が老いていくのを見ると、遅かれ早かれやってくるであろう最期のお別れをどうやって迎えようかと考えるものです。

犬が死ぬ原因は老衰か大きな病気かのどちらかでが、人間と違い犬は言葉が話せませんので自分の最期についての意思表示はできないのです。つまり、どういう死に方をするかについては飼い主にすべてを任せるしかないのです。

ですが、愛犬は長年家族同様に過ごしてきた存在なのですから飼い主としては少しでも長生きしてほしいと願うものなのです。人間であろうと犬であろうと早く死んでほしいなんて思うはずがないのです。

人間の場合でもよくあるのですがある日突然に元気な人がなくなることがあります。この場合は、あまりに呆気なくて意外と諦めがつきやすいものです。ところが、長い間病気で苦しんで苦しんで最期を迎えるようなパターンはとても辛いものがあります。いわゆる週末医療の問題です。

このことは愛犬の場合にも考えられるのです。これは当たり前のことですが、獣医は飼い主の意思を最大限尊重します。愛犬の最期をどのように看取るのかについて決断しなくてはいけない時が必ずやってきます。病院で最期を迎えるのか、自宅で最期を迎えるのか。