年老いた犬と暮らす生活。家族の一人を大事にできるだけ一緒にいましょう。

高齢犬の夜鳴き対策はこれです

犬は高齢化すると夜鳴きするものです。私も子供の頃犬を飼っていたので、飼い犬が夜になると遠吠えのように鳴くのをよく聞いていました。当時は子供でいあたから何も知識がないので何も感じませんでした。しかも、田舎暮らしでしたので犬の夜鳴きでご近所から苦情が出るようなこともありませんでした。では、犬は高齢になるとなぜ夜鳴きするようになるのでしょうか。

まず、犬は高齢化すると動いている自然と時間が短くなります。このあたりは人間も同じです。どうしても寝ている時間が長くなるのです。昼間の明るい時間でも眠るようになりだんだん睡眠のコントロールができなくなるのです。すると、夜になると騒ぎ出すわけです。飼い主の言うことを聞かずに騒ぎ出したり、遠吠えをしたりするのです。

おそらく体内のリズムが狂ってしまっているのでしょう。また、家の中で飼っている犬であれば飼い主と一緒にいなくて不安になってしまうことが原因として考えられます。高齢の犬であれば夜鳴きすることは特別に珍しいことではありません。

でも、犬の夜鳴きがご近所迷惑となる場合には飼い主としては頭が痛い問題です。そこで、犬の夜鳴き対策としてはどのようなものがあるのか気になる方が多いと思いますのでご紹介します。

家の中で飼っている犬の場合は、夜に暗くなってからも部屋の中をずっと明るくしておいてやるという方法があります。これにより犬は安心するようです。また、犬小屋で飼っている場合は昼間の明るい時に相手をしてあげて起きている時間を長くするという方法もあります。こし、これらの方法でも効果がないようでしたら早期に獣医に診てもらうのがいいでしょう。

Comments are closed.