年老いた犬と暮らす生活。家族の一人を大事にできるだけ一緒にいましょう。

高齢犬の肥満対策はしっかりと

現代は飽食に時代となり高カロリーの食事が蔓延していて肥満は大きな健康問題となっています。そして、犬の世界でも同様に肥満の問題が発生しています。若い犬であれば運動量も多いので肥満になることはあまりありません。しかし、あまり動かなくなった高齢犬は肥満になりやすいのです。

でも、犬の場合は人間とはことなり体毛で覆われていて肥満かどうかの判定が難しいという面があります。では、飼い主はどのようにして飼い犬が肥満かどうかを判断すればいいのでしょうか。

まず犬の理想的な体型の判断基準ですが、「胴体にくびれがあること」「あばら骨の段々が触って確認できること」です。逆に「胴体が寸胴である」「あばら骨が軽く触っても確認できない」ということでしたら肥満が始まっていると判断できます。

このような判断基準で愛犬が肥満にあてはまる場合には早急に対策をしなくてはいけません。では、高齢犬の場合にはどのような肥満対策をすればいいのでしょうか。

人間でも肥満対策をする場合はまずは食事に気をつけるように高齢犬も食事に気をつけることから始めることになります。一般的な犬用のダイエットフードがありますが、これは老齢犬には適していません。なぜなら、一般的なダイエツトフードは1〜6歳の若い犬用のものだからなのです。

高齢犬の場合には高齢犬向けの低タンパク・低カロリーのドッグフードを購入して与えてやるのが良いでしょう。食べる量を減らすことなく高齢犬のダイエットするには専用のドッグフードがおすすめです。

ただ高齢犬の場合長年食べ慣れたものしか食べない場合もありますので、少しずつ混ぜて与えてやるのがいいでしょう。

人間のように運動不足が原因の場合もあります。

ただこの場合、無理に運動させると良くないこともあります。ストレスです。人と同じですね。無理に運動をしようとするとストレスがかかり、結局続けられません。

人間もただ痩せるためだけなら運動が苦痛です。犬も飼い主に急に連れ回されるとストレスを感じることがあります。犬だから動き回るのが好きだろうと考えるのはちょっと違うのです。

参照:犬のダイエット方法.net

また食事内容も急激に変更しないように、という点が指摘されていますね。

運動も食事も急激な変化はストレスになり、結局それがさらなる肥満を生む…もうほとんど人間のダイエットと一緒に考えておけばいいのではないでしょうか?

Comments are closed.